Return to site

雨の日の読書は

学生時代、唯一好きだった授業が西洋美術史だった。

そして、もの静かでどこか聖職者のような佇まいの教授が、

「これだけは読むように」と目頭を熱くして学生たちに語ってくれた本が、

須賀敦子「コルシア書店の仲間たち」であった。

以来20年。

須賀さんの文章を何度も読み返し、

この凄さって何だろう?

とずっと考えているのだけれど、

分からず。

最近手にした文藝別冊

「須賀敦子ふたたび」のなかにあった一文。

「それは本というより、底なしの哀しみ、行方知れずの孤独。

須賀敦子の宙づりの荒野へとさらっていく」(姜信子)

 写真は「夏はぜ」の実。

All Posts
×

Almost done…

We just sent you an email. Please click the link in the email to confirm your subscription!

OKSubscriptions powered by Strikingly