中学の教科書で読んだであろう鴨長明「方丈記」。

最後まで読むとそこには違う世界が。

「ゆく河の流れは絶えずして」の名文句を残し、

隠者の悟りを開いたかの如きに見えながら、

人生の終盤においても

弱音を吐き、世間への執着を隠さず、

ついに安住の地を見出し得ない、

結局、生半可で深みのない思想である。

とじつに手厳しい、

しかし的を射た解説に

「中世の随筆から何か得るものがあるのでは?」と

期待した読者は動揺する。

私も大きくずっこける。

が、そのいかにも人間臭いところに、

800年の時を経て、やはり同じく日々あたふた、

揺れ続ける自分を重ね、

この人とその文章に

最大限の親しみと魅力を感じてしまうのだ。

All Posts
×

Almost done…

We just sent you an email. Please click the link in the email to confirm your subscription!

OKSubscriptions powered by Strikingly